本文へジャンプ

祭・行事

遠山の霜月祭り

 遠山の霜月祭りは、平安時代~鎌倉時代に宮中で行われていた祭事が当地に伝えられ、ほぼ原形のまま現在に伝承されているとされ、国の重要無形民俗文化財に指定されています。旧暦の霜月(12月)になると遠山郷の各神社(現在9箇所)で祭りが行われています。

 社殿の中央に設えたカマドの周りで様々な神事が執り行われ、神面の舞いが登場する頃、祭りは最大の盛り上がりを迎えます。登場する面(おもて)は各神社それぞれ特徴があり、面の数も異なります。

 煮えたぎる釜の湯を素手ではねかける「湯切り」で祭りは最大の見せ場を迎えます。湯切りの後、四面(よおもて)が、独特の太鼓のリズムとヨーセヨーセの掛け声にあわせて、観客の中を飛び回りだすと祭りの興奮も最高潮を迎えます。

下栗の霜月祭り

 下栗の霜月祭りは、毎年12月13日に下栗拾五社大明神で行われます。

 祭りは13日の午前9時頃から始まり、翌14日の午前3時頃まで様々な神事が行われます。祭りの見所である面の登場は14日の午前0時頃、39の面が次々と舞いを奉納します。

 

その他の祭・行事・イベント

下栗の掛け踊り(8月15日)

 今から370年ほど前の江戸時代に伝えられたとされる下栗の掛け踊りは、毎年お盆の8月15日に、下栗拾五社大明神で行われる伝統行事です。

 太鼓や鉦を打ち、笠と棒を振り和讃を唱えて踊り、豊穣を祈願する雨乞い踊りと念仏踊りの形で行われています。

 

下栗ふれあい祭り(11月上旬)

 錦色に色付いた山々を背景に催される下栗ふれあい祭りは、下栗地区最大のイベントです。毎年11月上旬の休日に高原ロッジ前の広場で行われています。

 農産物や加工品の即売、太鼓や踊りの出し物の披露など、地区内外から訪れる大勢の人で賑わいます。

 

 

下栗ボランティア

下栗の里では、下栗の地域づくりにご協力いただけるボランティアスタッフを募集しています。
夏祭りや秋祭りのお手伝い、地域美化作業、景観保全活動(遊休農地でそば栽培)など活動内容は様々です。
ご興味のある方は、ボランティア登録に関するお問い合せ用メーリングリストまでご連絡ください。

 

ページの先頭へ戻る